ブライトンとイングリッシュブレックファースト

August 13, 2017

 イギリスでの1日目はブライトンへ。イギリス屈指のリゾート地としても有名で、イギリスの南側の海岸に位置します。もちろんとっても寒かったこの日も、8月のど真ん中ということでたくさんの海水浴客で賑わっていました。私たちからすればこの気温と強風の中で泳ぐなんて考えられませんが、寒さの厳しいこの地方ではこんな日でも大丈夫なんでしょうか。もちろん、この日は寒かったのだけど暑い日もちゃんとあります。

リゾート地ということで、ここはビーチを始め、遊園地、映画館、水族館、ゲームセンター、ショッピングパラダイスと評されるほどのショッピングストリートと本当に賑やかな都会。

夕方到着し、翌朝も早く出発する予定なので、まずは一番有名なロイヤルパビリオンヘ。この建物は元は王室のもので、1800年代に建てられたとか。オリエンタルな雰囲気のこの建物はインド風を意識して造られたものらしく、かつては王族が夏に過ごすために活躍したよう。

 

 古いミシンが一面に並んだブティック。あまりに壮観で思わずパチリ。

残念ながらブライトン、後で見返すと寒さのせいか、疲れのせいか、あまりの人の多さのせいか、写真がほとんどないのです。ガイドを見てみるとそういえばこんなのあったなあというところがいっぱいあって、ゆっくり時間をとって過ごすと盛りだくさんの一日が過ごせそうなリゾート。絵になりそうなシーンもたくさんあったのに、私の頭がイギリスと言えば古めかしいイメージで、あまりにホットな場所すぎてシャッターを押す気にあまりならなかった自分が恨めしい。。。ともかく、ブライトン、なかなか面白そうな場所なので、ぜひ他の方の記事でも読んでイメージしていただきたいです(笑)

さて、気を取り直して、ブライトンでの朝食はイギリス1日目の朝食ということで、ホテルでイングリッシュブレックファースト。イングリッシュブレックファーストと言えば大体メニューは決まっていて、ソーセージ、ベーコン、卵料理、ベイクドビーンズ、ベイクドトマト、マッシュルーム、トースト、といった感じです。こちらのホテルでは卵料理は何がいいか聞かれ、私はスクランブルをチョイス。 

娘はイングリッシュブレックファーストだと量が多いので、パンケーキをオーダー。普通のパンケーキだけかと思いきや、こんなゴージャスなベリーパンケーキが登場して、朝からテンションMaxになった娘でした。 

 パンは提供されたもの以外にもブュッフェテーブルで好きなだけいただけるようになっていて、そばに置いてあるジャムはこんなキュートなパッケージ。

レストランはこんなクラシカルな雰囲気のところで素敵な朝を迎えることができました。 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

August 20, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
ADDRESS

​廿日市市物見東1-7-24

HOURS

Open 火〜土: 10am - 5pm

​Close 日・月曜日、祝日

​夏期休業 8月

CONTACT

0829-20-4338

FOLLOW 

© 2023 by City Bakery. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now