ユーロトンネル

August 12, 2017

 ルーアンからイギリスへ向かいます。車でドーバー海峡を渡るので、まずフランスのカレーに行きます。ドーバーを車でイギリスに渡るには二つ。一つはフェリーで海を渡るか、もう一つは列車で海底トンネル(ユーロトンネル)を通るか、です。もちろん、列車の方が断然早いのですが、車ごと列車?と、初めての体験にドキドキ。乗るにはチケットを予約して、乗り場に行くのですがたくさんの車でいっぱい〜。まだEU加盟国同士ですがイギリスに入るには入国審査があります。車ごとゲートに入り、(高速道路の昔の有人の料金支払い所みたいな感じ。ちなみにそこはもちろん通常の入国審査同様、写真撮影は禁止です)パスポートを同乗者全員分渡し、窓を開けて顔を確認され、スタンプを押してもらっていざ、出発。

 ドキドキしながら車ごとホームヘ。大きなコンテナのような貨物列車の中に次々に車で乗り込んでいきます。

 さあ、いよいよ乗り込みます!

 

 

中はこんな感じ。どこまでも長い長い連結車。前の車が停まっているところまでずーっと車内をゆっくりと走っていきます。車のそばはすぐ壁ですが、一応降りて歩けるくらいの幅はあります。トイレに行きたい人は降りていくことができますが、基本は車の中に座ったまま。30分程度で向こう岸に着きます。長い長い列車ですが、動く前に4台ずつが一車両になっているようで、車両ごとにシャッターが閉まりました。 注意事項は、車の窓を少し開けておくこと。海底だから酸素が薄いのか?ちょっとドキドキします(笑)窓もあり、外の景色を見れますが、あっという間にトンネルに入りますので、地下鉄と一緒。この列車はユートロンネルを渡るためだけなので、一区間で終了。車ごと列車に乗り込むなんて初めての体験だったので面白かったです。

列車を降りるとそこはもうイギリス。ホームに降りて、流れのままに進んでいき、何か手続きやゲートがあるかと思いきや、そのまま高速道路に流れ込み、あっというまに何事もなかったかのように旅を続けました。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

August 20, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
ADDRESS

​廿日市市物見東1-7-24

HOURS

Open 火〜土: 10am - 5pm

​Close 日・月曜日、祝日

​夏期休業 8月

CONTACT

0829-20-4338

FOLLOW 

© 2023 by City Bakery. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now