Les Maraîchersでディナー

August 11, 2017

 

 ルーアンではジャンヌダルク教会のすぐそばのLes Maraîchersと言うフレンチレストランで夕食をいただきました。お腹が空いたと5時すぎから訴える娘とあちこち探して歩きましたが、どこのレストランも7時にならないと開かず、カフェ営業をしているお店も、フードメニューはこぞって7時からと徹底していました。ファーストフードで済ませるか否か、ものすごーく悩みましたが、この後イギリスに渡る予定で、フランスでの食事はこの日が最後。せっかくなので、ちゃんとレストランで食べたいよね、と、とりあえず娘にはパン屋さんでパニーニを一つ買ってみんなで少しずつ食べつつお腹をごまかし、7時まで待ってこちらのフレンチレストランに入りました。

アラカルトで色々チョイス。トップの写真は確か、鶏肉に何か巻いてあるちょっと手の込んだ一品。2か月近く経って思い出しつつ書いているので、詳細は忘れてしまいましたがどちらにしてもなんとなくのニュアンスでオーダーした一品です。

こちらは牛肉の煮込み料理。どちらも大量のポテトが付いているのは変わらず(笑)ほろほろにとろける肉は柔らかく、どちらもとても美味しかったです。 

 

 ものすごーくピンボケのこちらはツナのペーストのバケット添え。大好きな味で、とてもワインにも合い美味しかったです。もう一皿欲しかったくらい(笑)

 こちらはビーフのカルパッチョ。生肉もヨーロッパの人はよく食べますね。こってりした料理の中で、こう言った一品はさっぱりいただけます。が、見返してみると肉だらけですね(笑)

 こちらはレモンベースのカクテル。ヨーロッパでは、私はいつもワインで通すのですが今回は姪っ子同伴。ビールもワインも飲めない彼女のために口当たりの良いものを探そうとするのですが、これがまた一苦労。カクテル、と言うカテゴリーのメニューがないうえにどれがどんな飲み物か全く理解できないので、ワインでもビールでもウイスキーでもないものの中から、オレンジだのシトロンだの、なんとなくカクテルっぽくてさっぱりしてそうなものをオーダー。これが割とフレーバービールに当たったりして、姪っ子目線で美味しいものに出会うのが大変でした。まあ、これも英語もフランス語も不得手なのが原因なんですが(笑)

 

デザートはチーズケーキ。ほんのすこし甘いものが食べたかったので、一つだけ頼んでみんなでちょっとずついただきました。一つだけ、と言っても結構大きなサイズです。

こちらのレストランは、奥はゆったりとしたテーブル席になっていますが、表はカフェのような外のテーブル席もあり、入り口すぐはこんなバーのようにもなっていて、シーンごとにいろんな表情を見せてくれました。バーとホールを行き来している男性スタッフ(オジサン)がノリノリで流れているマドンナをずーっと口ずさんでいるのに思わず笑ってしまいました。まさかフランスでマドンナ。「🎵Like a virgin〜」ってね。ちょっとハスキーボイスでなかなか上手でしたよ(笑)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

August 20, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
ADDRESS

​廿日市市物見東1-7-24

HOURS

Open 火〜土: 10am - 5pm

​Close 日・月曜日、祝日

​夏期休業 8月

CONTACT

0829-20-4338

FOLLOW 

© 2023 by City Bakery. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now